即日ファクタリング|オンラインファクタリング|
売掛金買取り|ファクタリングならJBL

ブログ ーBLOG

BLOG
女性経営者に向いている人の8つの特徴をご紹介!
  • 2023年10月26日
    会社経営

    女性経営者に向いている人の8つの特徴をご紹介!

    女性の活躍が叫ばれて久しい今日、国内では女性社長が多く活躍しています。
    社会情勢としては人口減少や労働力不足が指摘されていますから、経済活性の担い手として女性の重要性が今後も増々高まっていくでしょう。
    今回は経営者として参画することを想定し、女性経営者に向いている特徴をいくつか挙げて見ていきたいと思います。

     

    女性経営者に向いている人の特徴

    女性経営者に向いている人の特徴

     

    女性客の需要を掴める

    同じ女性ということもあり女性社長は同性の需要を掴みやすいという強みがあります。
    成功している女性社長はこの強みを十分に生かせている人が多いですね。
    社長自身の趣味が高じてスモールビジネスから始めるケースもあれば、需要調査から行って本格的な事業としてスタートさせる例もあります。
    例えば女性向けのフィットネスジムなどは、女性が気にする男性の視線や安全面、衛生面などに気を配ることで安心して楽しめる空間を提供できます。
    女性目線を持てる強みは同性ならではの利点です。

     

    冷静さを保てる

    昨今はマスコミ等でも女性社長が多く登場しますが、若い年齢層の方でもかなり落ち着いた印象を受けます。
    やはり経営を続けていくには冷静な視点を持ち続けることが重要になりますから、性格的に落ち着いた精神を持っている方が成功しやすいと言えます。
    小さなことで動揺しない、冷静さを保つことで成功を掴むことにつながります。

     

    人を巻き込むのが上手い

    一般に女性は男性よりも社交的だと言われます。
    もちろん人にもよるでしょうが、敵を作らず味方にしてしまうのが上手い女性は経営者に向いていると言えますね。

     

    経理面に強い

    経理面を毛嫌いする経営者は非常に多い印象ですが、これは特に男性をイメージすることが多いです。
    女性でも経理が苦手という人はもちろんいると思いますが、家計簿などを普段から付けていることが多い女性は数字面に苦手意識を余り持たない人もいて、その場合会社の経理もあまり難を感じずにこなせることが多いでしょう。
    経理に強く数字の把握に長けた経営者がいる会社は安定した経営ができるので、堅調な成長が望めます。

     

    好奇心が旺盛

    好奇心が旺盛で自分が知らないことを知りたい、色々試してみたいという気質を持つ女性は経営者に向いています。
    性格的に内向きで新しいことに興味が持てないと、創造性を必要とする経営職をこなすのは難しいと思われます。
    探求心があり新しいことにワクワクできるのは女性経営者に向く気質です。

     

    決断する力がある

    社長職の最大の仕事は決断することだとよく言われます。
    周囲との輪を大切にする女性は自身の決断によって不和が起こる心配をする人もいますが、それはそれ、これはこれと割り切って必要な決断を下せないと社長業は務まりません。
    必要な決断を自らの責任で下せる人は経営者としての素質を持っています。

     

    ないなら自分で作る

    活躍する女性社長からよく聞かれる言葉に「ないなら自分で作ればいいと思った」というフレーズがあります。
    女性として生きていて「こういう商品やサービスがあればいいのに」と思っても、それがなかったから、自分で会社を立ち上げて作ったということです。
    これくらいの行動力が女性にも必要だということと、女性目線でみればまだまだ社会に必要とされるモノなりサービスなりの需要が眠っているということも意味します。
    女性目線でその需要を掘り起こせれば、国全体としての経済ポテンシャルを引き出すこともできるでしょう。

     

    前例主義になびかない

    良くも悪くも前例主義は個別の会社にも日本社会にも浸透しています。
    これに従えば無難に生きられるかもしれませんが、それでは一般人止まりです。
    女性社長になるような人は前例主義になびかず、必要なら改革を起こして今の社会に適合する新しいルールを作ろうとします。
    一企業に止まらず、そうした姿勢が今の時代に求められているのかもしれません。

     

    まとめ

    まとめ

     

    本章では女性経営者に向いている特徴をいくつか挙げて見てきました。
    女性は元々同性の目線で需要を掘り起こすのが容易であるという強みがあります。
    日本社会には女性の需要がまだまだ豊富に眠っていると考えられるので、金鉱脈を探すがごとく、うまく需要を掘り起こせれば事業を成功させることができるでしょう。
    悪い意味での男性社会が一部には残っていると指摘されることもあり、女性社長の成功はハードルが高いという人もいます。
    苦労する面もあるかもしれませんが、それをも楽しみに換えてしまうくらいの豪胆さも必要かもしれません。
    これからの時代、女性社長は間違いなく増えていくでしょうから、どのような変革をもたらしてくれるのか楽しみでもあります。